医薬品の個人輸入はベストケンコーで

世界には多種多様な医薬品が存在しており、日本では販売が許可されていない海外医薬品や、病院でしか処方してもらうことができない海外医薬品も少なくはありません。
日本では販売されていないために治療できない、病院に行かないと処方してもらえないために恥ずかしくて抵抗があるなどの悩みを抱えている人もいるでしょう。
そこで、そういった方に向けて個人輸入なら消費者が個人的に購入することが可能となっています。
医薬品の個人輸入は厚生労働省により、薬事法に従う数量なら個人的に輸入してもいいとしているため、個人輸入にて購入すること自体に違法性はありません。
ただ、実際の輸入方法は海外メーカーや海外業者との取り引きになりますので、言葉の壁という問題もあり素人が行うのは難しいのが現状です。
そこで仲介役として、個人輸入代行業者を活用します。
個人輸入代行業者は、日本の消費者と海外メーカー・業者を繋ぐ業者であり、消費者は日本で開設されている個人輸入代行サイトから当該医薬品を購入して購入代金の決済をします。
代行業者側に決済の確認が取れ次第、代行業者から海外メーカー・業者へ商品を注文してもらいます。
商品自体は海外から消費者の住所へ直接発送されるため、代行業者はあくまでも注文の仲介を担うだけで、本来の購入先は海外メーカー・業者からということになるでしょう。
一度でも利用してみるととても便利なシステムで、一人当たりの需要も増えるのですが、ただ、利用する個人輸入代行業者を誤ってしまうとトラブルを引き起こしかねません。
例えば代金の支払いが済んでいるのに商品が送られてこない、偽造品が送られてきたというようなトラブル例が報告されています。
特に危険なのは偽造品です。
体内に入れるものですので、どんな成分が配合されているかもわからない物には注意しなくてはならいでしょう。
そこで、安全な取り引きを期待するのなら信頼できる個人輸入代行業者を活用することが前提になります。
代行業者も探してみるとたくさんの業者が存在するのですが、中でも評価が高く、多くのリピータが存在するのがベストケンコーです。
ベストケンコーはFDAや各国の政府機関で承認された新薬からジェネリック医薬品まで、1500点以上の商品を扱っている大手の医薬品個人輸入代行業者です。
そのため高確率で自分が希望する海外医薬品が見つかるでしょう。
また、利用者10万人以上の実績があり、取扱い医薬品は全て正規メーカーなのはもちろんのこと、すべての医薬品は発送前に薬剤師により検品されているため安心して購入することができます。
また、個人輸入代行業者は本来、消費者の代わりに注文を担ってくれる業者ですが、ベストケンコーは100%お届けを保証しているのが特徴です。
トラブルが起きた際にはベストケンコーサポートまで連絡をすれば対応してくれるので、発注をして投げっぱなしではありません。
これは個人輸入代行業者を活用する上での大きな利点となるでしょう。

Comments are closed.