安心と品質を求めるならばベストケンコー

個人輸入代行で、医薬品を買っています。
これを厳密にいうと、外国から日本で手に入れる事が出来るけど手続きが面倒なであったり、あるいは日本の薬事法ではまだ認可されていない薬を個人輸入で代行してもらう行為のことです。
実際に個人で行うと、外国の製薬会社、あるいは現地代理店に電話をいれて、そのあとファックスもしくはビジネスメールで注文をします。
場合によっては、現地語で国際電話でやり取りするということが必要になります。
またそのあと運送の手続きをして、税関通過の段取りをするということも必要になってきます。
そう考えると、商社勤務をしていて毎日のように外国との様々なやり取りを経験している人以外、現実的には個人輸入というのは大変難しいという事がわかります。
私は、そのことを商社勤務の知人から聞いていたので、自分で外国の製薬会社とやり取りするような無謀な行動には出ず、最初から個人輸入代行を利用しようと考えていました。
この7年ほどで個人輸入代行の世界もずいぶん変わりました。
まず数が増えました。
最初のころは片手ほどしか、会社がありませんでした。
それも、商社がアルバイト的に特定の個人に頼まれた物を外国から取り寄せるというのが、この業界の通例のように思います。
そのうち、新薬が欧米で発表されて、何とかそれを取り寄せたい、日本では手に入らないから何とかしたいという気運が高まった時に、個人輸入代行業者が増えました。
ロゲインとかバイアグラが発表されたときは、まさにそのタイミングでありました。
私は、いろんな個人輸入業者を試してみました。
HPの見比べが最初にできるチェック方法です。
HPを見て、曖昧な点が多いところや住所や電話番号などが記載されていないところは選ばないようにしました。
それと、何年開業しているかということに注目しました。
いい加減なところはクチコミで淘汰されているからです。
大体大手は数社で、私はベストケンコーからED治療薬を購入するようにしています。
もともと、医師に頼んで処方箋を書いてもらい、そのあと近くの処方箋薬局でED治療薬を買うようにしていました。
ところが、ある時個人輸入代行業者を通して、バイアグラを手に入れている知人から話を聞いて切り替えました。
というのは、価格が個人輸入代行業者を通すほうが安かったからです。
また定期的に、医師のところに恥をしのんでED治療薬の処方箋を書いてもらいに行くのが苦痛になっていたからです。
薬局の女性スタッフの視線もずいぶん気になっていました。
ベストケンコーのHPは、電化製品通信販売のように見栄えがして、商品選びも簡単に進むように色々と工夫がされています。
品数が非常に多いこと、営業の歴史が浅いというレベルではないこと、そして個人輸入代行というくくりから一歩踏み出した、中身に対する点検等までも行っているので、迷わずベストケンコーに決めました。
いままで十回以上やり取りをしていますがトラブルは一切なく、品質的にも満足のいくものが手元に届いています。

 医薬品を個人輸入したいけれど、安全性が気になるという方にはこちらのサイトがオススメです⇒ベストケンコー(個人輸入代行)ベストケンコーは医薬品をたくさん取り扱っているショップで、どの商品が良いか迷ってしまいますよね。
そんな方にも、このサイトなら詳しく解説してあるので分かりやすくてオススメですよ。
かくいう私もここのサイトを利用して、安全に個人輸入しています。

Comments are closed.